最近人気が高まっている鼻の整形施術【値段の安さが魅力的】

看護師
  1. ホーム
  2. 美容外科を選ぶコツ

美容外科を選ぶコツ

婦人

アフターケアも大切

鼻を美容整形したいと考えたときに気になるのが費用の問題です。もちろん安心に治療をするにあたり、医師のスキルが大事だと分かっていても、やはり気になるはずです。美容整形にはどの程度費用がかかるのか調べていると、それぞれのクリニックごとで価格が異なることが分かります。同じ治療なのにクリニックによって価格に大きく数十万の差があるなんてことも珍しくありません。保険が適用されない美容整形ですから自由診療となるので、その値段設定はクリニックが好きに決めることができます。そのため、それぞれのクリニックで値段が異なるのです。では、どうしてそんななかでも値段に差がうまれるのでしょうか。それは治療の術式、医師のスキル、クリニックのブランドによって価値が決まり値段が設定されるからです。残念なことに整形を失敗してしまった人にどうしてその治療方法やクリニックを選択したかを聞くと、「費用が安かったから」という答えが最も多かったです。整形手術をするときは、最優先基準を値段にしない方が良いと言えます。鼻の整形でも、いくつかの治療方法があります。値段も相場があるので、相場より高いのか安いのか少し注意して判断することをおすすめします。自分自身のことなので、事前に調べてから相談に行くことが望ましいです。例えばもっとも手軽で人気のあるヒアルロン酸注入は、費用が5?8万円が相場です。注射を用いてヒアルロン酸を注入することで、切開することなく鼻を高くすることが期待できると人気のプチ整形です。ヒアルロン酸は、徐々に体に吸収されるので、効果の継続は約半年?1年ほどです。しかし安全性が高く費用が安いヒアルロン酸は治療時間も10分と短く、術後すぐにメイクをしても問題ないことから需要があります。他にも値がはるもので鼻骨切り術というものがあります。鼻の中を切開して骨を切り鼻筋を細くするのです。手術後は2週間ほど固定が必要だったり、費用が50?80万円かかったりと大掛かりです。しかしその分、見た目が変わります。細くなったり歪んだりしてしまうという失敗もあるようなので、値段よりも医師のスキルや評判を重視すべきです。同じような治療でもそれぞれのクリニックによって費用が大きく違います。これには、費用のなかに医師のスキルはもちろん、クリニックのブランド料が入っているからでしょう。高いから良くて、安いから悪いわけではありません。企業努力で安くて良い治療を行っているクリニックも多くあります。注意してもらいたいのが、オプション及びアフターケア代を含まない設定もあるということです。こな場合、カウンセリング代や局所麻酔代、手術代に薬代、アフターケア代など、後から多くの費用が予想外に発生します。前もっていくらくらい必要なのかしっかり確認するといいでしょう。